葉酸サプリを飲んで正解でした

葉酸サプリを飲んで正解でした

妊娠している女性はお腹の赤ちゃんのため、栄養不足にならないように注意する必要がありますが、数あるビタミンやミネラルなどの栄養素の中でも、特に妊婦や胎児の生育にとって重要な役割を持つ成分といえば葉酸です。

 

葉酸はビタミンB群の一種ですが、胎児の神経管閉鎖障害など先天の奇形や異常といったリスクを下げてくれる効能があることで知られてます。

 

葉酸を摂っていたからといって必ずしも神経管閉鎖や細胞分裂の異常などを完璧に抑制できるわけではないのですが、万が一の危険なリスクを下げられる可能性は高いので、私はいざ妊娠が発覚する前、子作りを計画している段階から葉酸サプリを飲み続けていました。

 

妊娠していても妊娠状態であることに気付かないままある程度期間が経っている女性も多いですが、実は葉酸は妊娠中でも細胞形成や神経管組織の形成がとても盛んな時期である、妊娠初期にこそ摂取が必要です。

 

貧血を防いだり、母体の健康を保つためには、妊娠中期や妊娠後期でも勿論摂る意味はあるのですが、二分脊椎症や無脳児など神経管閉鎖障害を防止するためには妊娠初期に葉酸サプリを飲んでおきたいところです。

 

現在人は葉酸が足りてない人が多いですが、妊娠を計画する女性や妊娠中の女性は、非常に多くの葉酸を必要とします。

 

食事だけで葉酸を多く摂るのは非常に精神的にも負担がかかりますし、つわりのつらい時期や食欲不振時のことを考えると、葉酸サプリで葉酸を摂っていて本当に正解だったと思います。

葉酸サプリが無いとどうなるか

 

葉酸サプリが無くなってしまい、摂取することができなくなっていると、基本的に栄養分を胎児に与えることができません。

 

葉酸が必要とされているのは、基本的に先天性の異常を避けるためであり、障害を持って生まれないようにすることが大事になっているからです。

 

葉酸を利用していれば、そうしたことが起こりづらくなって、生むときのリスクもかなり軽減されるようになります。

 

先天性の異常については、防ぐことができるケースとできないケースがあり、できるケースは葉酸をしっかり取ることで対応することができます。

 

できないケースは、大きくなっているところで問題が起きているので、葉酸サプリ以前の問題となっています。

 

防げることはしてあげないと、子供の将来に大きな影響を及ぼしてしまうことがあるので、そうしたことにならないためにも、葉酸をしっかり取らせて上げることが大事になります。

 

野菜をしっかり食べるような方法をとっても、なかなかうまくいかないことが多くあるため、基本的には葉酸サプリを利用したほうが便利です。

 

無くなってしまうと、子供に対して影響が出てしまう恐れもあるため、あまりそうしたことがないように気をつけて、しっかり利用してください。