生まれてくる赤ちゃんのために葉酸サプリ

生まれてくる赤ちゃんのために葉酸サプリ

これから大事な出産に向けて着々と準備はしているものの、赤ちゃんに大切な栄養がしっかりと行き届いているか不安になることはありませんか?

 

「二分脊椎症だったらどうしよう」「神経管閉鎖障害なんて生まれてくる赤ちゃんに申し訳ないし、家族や親族にも立つ瀬ない」など悩んでいる人も多いことでしょう。

 

確かに妊娠中はすべてが今までの人生の経験のなかで初の試みであることが少なくはないので、いろいろと戸惑ってしまうことはありがちです。

 

ただし、不安をいだきすぎているとストレスにより自律神経が乱れてしまうこともあるので考えすぎるのは良くありません。

 

もちろん、だからといって逆に考えるのを止めるのがいいのかというとそうでもないのが難しいところですよね。

 

ただ、栄養面に関しての不安は葉酸サプリなどである程度、緩和することは十分に可能です。

 

摂りにくい栄養を補っていくことで赤ちゃんにも母体にも活力が与えられることが考えられるからです。

 

原材料にこだわった高品質の葉酸サプリを選んであげると尚いいのですが、ここでも選ぶことにこだわりすぎてストレスを感じてしまうのは良くないことはいうまでもありません。

 

ほどほどに気を引き締めていきましょう。

手軽に続けられる葉酸サプリ

 

葉酸はレバーや卵などに多く入っていますが、レバーはビタミンAのレチノールがかなり豊富に含有されているので、妊娠中の食べ過ぎは禁物です。

 

また、ホウレンソウなど葉物野菜にも多く入ってますが、400μgもの葉酸を補おうとするとかなり毎日沢山の野菜を食べる必要性があります。

 

葉酸は非常に熱に弱いですし、水溶性なので茹でたり煮たりする調理をすると、多大な量が茹で汁や煮汁へと流れてしまいます。

 

一生懸命に野菜を食べたり、葉酸を食事から摂ろうと工夫しても、実際は非常に非効率ということも多いので、私が妊娠した時は葉酸はサプリメントから補うように工夫しました。

 

葉酸は貧血のリスクを減らしてくれる作用もありますが、細胞分裂が活発である成長著しい時期の胎児にとって、神経管の形成や生育に関与する成分なので、先天性異常のリスクを軽減するには必要不可欠な成分でもあるのです。

 

赤ちゃんの先天異常のリスクを下げられるので、妊活中の人や妊娠中の人は積極的に葉酸を摂取するべきであると言われてます。

 

葉酸は一気にまとめて摂っても、水溶性ビタミンなのですぐ汗や尿などで排出されてしまいます。

 

こまめに補い続け、常に不足がないように注意する必要がある栄養素なので、葉酸サプリを飲む習慣を持ち、日頃からきちんと葉酸を摂取するよう意識しておくと安心です。

 

食事管理や栄養バランスの見直しは大変ですし、手軽に葉酸の摂取を続けるならサプリがあると重宝します。