現役妊婦おすすめ葉酸サプリ!実際に使ってみた結果

葉酸サプリを多く摂り過ぎないよう注意

人々は、身体に良い物質を過剰摂取してしまう傾向があるようです。

 

私たちの身の回りには、体に良いものが幾つも見られますね。

 

確かにそのタイプの物は、私たちの体調を整えてくれる傾向はあります。

 

ただ1つ気をつけた方が良いのは、過剰摂取に伴って悪い影響が生じがちな点です。

 

とりわけ葉酸サプリなどを摂取する時には、やはり飲みすぎなどには気をつけた方が良いでしょう。

 

お腹の中の赤ちゃんにとって良いと思った事が、逆効果になってしまうリスクも見られるからです。

 

一般的に葉酸サプリは、1日に1,000μg以上は摂取しない方が良いと言われています。

 

それ以上の服用を続けてしまいますと、何らかの問題点が生じる事が多いのですね。

 

つまり1,000を超えないよう、気をつけた方が良い訳です。

 

いわゆる過剰摂取になってしまうからです。

 

一般的な葉酸サプリでは、最大でも800μになっている傾向があります。

 

それ以上は摂取しないよう気をつけていれば、特に問題は無いでしょう。

 

逆にそれ以上飲み続けてしまいますと、残念な結果になってしまいかねません。

 

それだけは避けたいですね。

 

ですので万が一の事態を避ける為にも、葉酸サプリの含有量などは、成分表示などでよく確認をする方が良いと思います。
葉酸サプリメントおすすめ

葉酸サプリは妊娠前から出産後まで活躍する

 

ビタミンBの一種である葉酸は、生まれてくる赤ちゃんのさまざまなリスク低減に、たいへん役立つものです。

 

もちろん食事の中でも摂取することが可能ですが、妊婦の方の場合、それだけではまだ十分といえません。

 

そこで、便利で飲みやすい葉酸サプリの出番となるわけです。

 

では、出産を終えた後は、もう葉酸を摂る必要はないのでしょうか。

 

その答えはNOだといえます。

 

なぜなら、たとえ出産を終えたとしても、その後に授乳という大きな仕事が待っているからです。

 

葉酸サプリは、質の良い母乳を作ることを助けます。

 

ですから、出産が終わったからといってすぐに飲むのをやめるのは、あまりおすすめできません。

 

つまり葉酸サプリは、妊娠前から出産後まで、ずっと活躍し続けるということになります。

 

ただし、妊娠前と出産後では、一日に摂取する葉酸の推奨量に違いがある点に注意してください。

 

妊娠前から妊娠初期にかけては、一日におよそ400マイクログラムの摂取が推奨されています。

 

それに対して出産後の推奨摂取量は、一日におよそ250マイクログラムとなっているのです。

 

以上の点に気をつけながら、一日に飲む葉酸サプリの量をしっかりと調整するようにしてください。

 

妊娠前から妊娠初期に飲むことで赤ちゃんのリスク低減を、そして妊娠後に飲むことで、質の良い母乳を実現しましょう。

葉酸サプリで安全な妊娠

 

妊娠中には喫煙やお酒はもちろん様々なことで気を使いますが、嗜好なども変わってしまう方も多いので、特に食生活の変化には注意が必要です。

 

妊娠中に必要な栄養素はタンパク質やビタミン類など様々なものがありますが、特に健康な赤ちゃんを生むためには葉酸が非常に重要です。

 

葉酸とは厚生労働省など公的な機関も妊婦の方へ摂取を推奨している栄養素ですが、ほうれん草などに多く含まれます。

 

この葉酸は血液の生成などに必要な事から男女問わず必要な栄養素ですが、胎児の神経管閉鎖障害など神経系の障害に対してリスク低減効果があることがわかっています。

 

あまり一般には馴染みの無い言葉ですが、神経管閉鎖障害とは胎児の脳や脊椎に障害が出てしまう先天性の病気です。

 

これらの病気を避けるために細胞分裂や神経系の正常な発達に貢献する葉酸が必要なのですが、葉酸は水溶性のため調理の過程で非常に壊れやすい成分です。

 

先に挙げたほうれん草なども調理の際に火にかけることが多いですが、こうした過程で葉酸が壊れてしまうので、厚生労働省が推奨する400μgを摂取するのは並大抵のことではありません。

 

そこで注目されているのが、妊娠中の方向けの葉酸サプリです。

 

妊婦の方や妊活中の方向けのサプリは様々なものがありますが、その中でも葉酸サプリは定番のものとなっており、多くの方の安全な出産を支えている必須サプリになっています。